2010年04月06日

美人という言葉で、この記事を読んでしまった。

クラシック界に美人バイオリニストがまた1人誕生する。現役音大生の花井悠希(21)。デビュー作では、フォーク界の大物・さだまさし(57)の名曲に挑戦。新風を巻き起こしそうだ。

 長い黒髪と167センチの長身が印象的な花井は三重出身。バイオリンは3歳で始め、現在、東京音大4年生だ。

「3年生になったとき、進路をどうしようか考えて先生に相談したら、レコード会社のプロデューサーの方に紹介していただいたんです」

 デビューCDの企画としてすすめられたのが、さだの曲のカバー。

 「さださんのコンサートに初めて行って、驚きました。トークで抱腹絶倒させて、歌はじっくり聴かせる。楽屋でお会いしたら、『背高いね』とびっくりされて。でも、『がんばって』って言っていただきました」

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/377210/

posted by ひでじい at 19:12| Comment(0) | バイオリニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする